借金の返済に困っているけれど、自己破産までは考えていないという方も、多いかと思います。
自己破産は借金問題を大きく解決出来ますが、土地などの財産を差し押さえられるなど、社会的なペナルティも大きなものとなってしまいます。
借金整理後のダメージを少しでも抑えたいのであれば、任意整理という債務整理を検討してみましょう。
この債務整理は引き直し計算に基づき、借金の額を減らせるのが特徴です。

任意整理で借金問題を解決したいという場合、任意整理費用はかかりますが、返済計画を弁護士や司法書士と話し合い、無理のない返済額を決めましょう。
債務整理には自己破産のように、今までの借金の返済を全て免れる方法もあります。
任意整理はというと引き直し計算を行い、まだ返済しなければいけない借金がある場合は、返済しなければいけません。
基本、任意整理の場合は3年から最長5年で、残った借金分を完済する必要があります。
借金が残った際は整理した後も、完済するまで返済をし続けなければいけないのです。

この時、自分の年収に見合った計画案を考えなければ、借金を整理出来ないケースもあるので注意しましょう。
任意整理は債権者と和解交渉を行い、相手が納得すれば借金を整理する事が出来ます。
あまりにも無理な返済計画案だと、債権者も納得しないので任意整理での借金整理が先へと進まないのです。
スムーズに借金を整理するには、年収と毎月支払う額を考慮する必要があります。
自分に合った返済計画案を作り、無理なく借金問題を解決しましょう。